不器用人間の思考勉強お楽しみ

全然器用に生きられない私の真面目な事、勉強の事、お楽しみの事を書くために開設したブログです。

MENU

11月末日に思っていることを書いてみる

スポンサーリンク

 

さて、このブログの更新もだいぶ滞っておりました。
元から愚痴をダラダラ毎日掲載していたので、記事ネタには困らないはずが、結局、記事をかけずにいました。


7月に会社を辞めたいと思うほどの事件を起こし
9月には上司に大きく詰められたことで気分が完全に崩れ
その後もしばしば面談で釘を刺されてしまい
11月初頭の面談で持ち直してきた気も崩れてしまい
今は、与えられたタスクを最低限の時間と労力で出来る範囲まで進めるという状態です。

f:id:domustoX:20201130220026p:plain



そんな中でも、とりあえずは生きているし、思っていることはたくさんあります。

ひとまず、11月の終わりを1つの節目と考えて、今考えていることを垂れ流し気味に整理したいと思います。

 

 


ボーっとしていた一か月だった

まず何よりも反省しているのがこのことです。


今月を振り返ってみると、ぼーっとしていたという風に感じます。

絵もかなり描きましたし、サイトも結構頑張って手を入れました。インターネットでの人のつながりから色々な人とお話しすることができました。

フリーランスで働くという新しい道を開拓するために、インターネットで知り合った色々な人に助けていただきながら、新たな選択肢を知り、決断を踏んできました。


弱ったメンタルをどう維持するかということを考え、筋トレやメンタルトレーニング、摂取するものを工夫し、出来るだけ心を安定させられるように努力もしてきました。

 

文面だけ見ると結構色々やっているように見えますし、私自身も色々やったな、と感じています。

 

でも、何かが変わったわけでもない。そう思うと、今月ももぼーっとしていたんだな、と思ってしまいます。

そして、根本的なところでは何も変わっていないと痛感しています。


やはり、変わっていないと感じるのは会社の仕事がいまだにできないままでいるからです。仕事もせず、ただ上司に守られているだけの立場から脱却できていないから、そう感じるのだと思います。


自分ではできる、と思っても、それじゃ全然ダメだよ、と現実を突きつけられ、そのたびに心を折られ、ダウンしてしまうことの繰り返しです。
そこから脱却できていないから、自分でも積み上げてきた他の努力をきちんと認められないのだと思います。


予定帖を見ると、8月や10月の方がセルフコントロールをしっかりやって、頑張っていこうという気力が感じられました。
冒頭でお話しした通り、9月と11月の初頭にガツンと言われたので、そこで落ち込んでしまっていたのが、予定帖にも如実に表れているのでしょう。


今月は色々な人と会い、話をし、次へ向けた行動へと動いてきたつもりですが、それは完全に他人に助けられてのことであり、自分自身の主体性と言うモノはまだまだ低いと感じています。


だからこそ、ボーっとして一カ月たってしまったと感じてしまうのでしょう。

 

 

メンタル相談はしているが


7月からカウンセリングを受け、9月ごろからメンタルクリニックに通っています。

しかし、あまり成果が出ているようには感じません。

最初のころは、カウンセラーさんにいろいろなことを吐き出していると、気分が落ち着きました。
ただ、一方で、上司は「私が働けるようなメンタルになること」を望んでいます。上司の求める水準に達するには、カウンセラーさんに話して気分が落ち着く程度ではだめで、自分自身で、気持ちのコントロールをするということが求められます。

カウンセラーさんにも技量というものがあり、私が言語化できていない、伝えきれていない部分を的確に見抜いてくださる人もいます。ただ、私が今、相談している人はそういう技量はお持ちではないようです。

カウンセラーさんを変えるというのも一つの手かもしれませんが、会社のサービスを利用して、自動的にあてがわれた人なので、どのように変更するかもわかりません。変えたいということで、何が起こるかということを想像するとちょっぴり怖くなります。

また、メンタルクリニックについてもほぼ同様で、最初は知能テストを受けるなどして、何らかの変化を得られるのではと期待していたのですが、あまり効果は実感できていません。


むしろ、知能テストの結果としては、「悪くない」の部類だったので、今、仕事ができていないことは自分の意志や気の迷いと言った、脳の中でも浅い部分の現象だというようにお医者さんからは思われているようです。


こうなってしまった原因は、私自身がまだ私のことを理解しきれず、伝えきれていないという側面はあります。
さらに、私が人に流されやすく、他人の言うことを鵜呑みにする割りに実行力が低いというところに問題があるのだと思います。


上司なりの心配の仕方があだに


上司はやさしい人で、自分だって追い詰められている状況でありながら、私のことを案じて面談をしてくださっています。

ただ、私からしてみると、その面談も結構プレッシャーで、捨て置かれている方が、気が楽といえば楽です。


しかし、カウンセリングやクリニックで、事態が完全な解決に向かっていないということを看破したのも上司です。
そういった意味で、誰よりも私の状況を正確に把握し、どうするべきかを的確にアドバイスしてくれるのは、上司なのかもしれません。


そういった意味では本当に上司には恩義を感じています。


ですが、上司から時々ショッキングなことも言われます。これが、今の私にとっては最大の懸案事項であり、私の精神を破壊してしまう事象でもあります。

「このことをやれなかったのに、この先の仕事をやれると言い切れるのか?」
「私が仕事をしていない時間にも、気が狂うほど身を粉にして働いている人がいる。それなのに、メンタルを言い訳に仕事をしないのは、お前が自分のことしか考えてこなかったから、他人のことを考えてこなかったからだ」
とか言われてきました。
要約の都合上、良くない言い回しになってしまっています。本当はもっとやんわり言ってくれます


後からフォローを入れてくださる人物であることは分かっていても、やはり、こういうことを言われてしまうと、ショックが大きいです。


それに、言葉尻でフォローしてくれていても、冷酷な事実は変わりません。(この部分は上司には全く責任はないのですが)それを伝えるという立場上、どうしても上司に対する恐怖の思いが募ってしまうのは、ある程度仕方のない事なのかもしれないと思っています。(それでもあまり良い事ではありませんが


実力が大いに不足していることは分かっていますし、それを100%自分で何とかできるほどの根性がないことも分かってはいます。

なので、出来る範囲で、何とか追いついて行こうと思っていたのですが、そのスピードは、少なくとも今の部署では遅すぎているようで、完全に取り残されてしまっています。


とてもじゃないですが上司に直接言えることではありませんが、本当は、今の上司が嫌いなのかもしれません。
細かいところまでネチネチ指導され、自分を否定されるような感覚に陥ってしまうからです。もちろんこれはただの被害妄想なのでしょう。
ですが、その被害妄想を認めるということをしなかったがために、上司が嫌だ、ということが頭にこびりついてしまったのかもしれないと思っています。


他の上司や、他の業務に携わったことが無いので、「今の上司でなければOK」とは言い切れません。

それに、上司が優しいことは十分に認知していて、散々お世話になっていることも理解しています。

なので、あまり悪く言いたくはないというのも、心情ではあります。

 


むしろ独自の「アクティビティ」で解消できることも

カウンセラーやクリニックでの相談があてにならないという状況の中で、むしろ積極的に取り入れたのが、毎日できる独自のメソッドです。


その一つが体温コントロールです。

これは私の勝手な経験則ですが、人間、精神的に嫌なことがあると体温が上がったり下がったりして、それによる不快感から様々なことが発生します。
なので、これをきちんと理解し、対処すれば、もっと楽にクラスメソッドが手に入ると信じています。

話が少し脱線しましたが、元に戻します。

私の場合、仕事のプレッシャーを感じると、とても寒気を感じます。
体が芯から冷え切って、手足の指先が冷たくなってしまいます。

なので、これについて
・単純に厚着する
・ストレッチで血行を良くする
・トレーニングをする
・鉄剤サプリを飲んでみる
といった行為で血流を良くして、ストレスによる寒さに対抗しようと工夫をしています。


また、それ以外にも、感覚神経に集中し、思考を遮断することで、心を落ち着けるという方法もあり、これも時折実践し、ほんのわずかな心の平穏を得たりしています。


こうして工夫はしているものの、結局は、精神面だけではなく、技量面で不足している以上、いくら気持ちを鍛えても結局打ちのめされるのが落ちなんじゃないかと思ってはいます。


それでも、尻尾巻いて帰るまでの時間をほんの少しだけでも伸ばすことができれば、少しは成長の証を見せることができるのではないか、と思い、頑張りたいと思います。

 

おわりに

結局は、会社のことが上手くいっていないから、何もかもダメなような気がしている。

そんな1か月だったような気がします。
色々な人が応援してくれて、いろんな人が協力してくれましたが、それが自分の自信につながるのはまだ先かな、と思っています。

用もないのに外に出かけてコンビニでスナック菓子を購入すると、自分がストレスの只中に居て、糖分や塩分によってこれらを紛らわそうとしているのだと実感します。

そういう時には、やっぱり自分自身が情けなく感じるというのは本当ですね。


まだまだ弱い私は仕事をしていないまま、半年以上を過ごしてしまいました。


明後日には、再び面談という名の対決があります。ここで、仕事に復帰できると宣言し、それを信じてもらえるほどの決意や覚悟を示せるのか、今の私にとっては、それが一つの難所かも知れません。

 

サイトノベル『空想確定神域』のご紹介

f:id:domustoX:20200726225513p:plain

私domustoxは新しい小説のスタイルを追求する『サイトノベル』を運営しております。

サイトノベルは、ノベルゲームとも、Web小説とも違う、よりインタラクティブな表現を追求し、Webで運営されております。

更新は毎週土曜日!

近未来の地球を舞台にしたファンタジー小説『空想確定神域』の応援をよろしくお願いいたします。

空想確定神域

また、更新情報は以下のTwitterで提供しております!フォローもよろしくお願いいたします!