不器用人間の思考勉強お楽しみ

全然器用に生きられない私の真面目な事、勉強の事、お楽しみの事を書くために開設したブログです。

今の自分が嫌で嫌でしょうがないので自分の課題について考える

スポンサーリンク

 

今の自分はまだまだ未熟物だと痛感させられることが多々あります。未熟だと思うぐらいならまだしも、自分に嫌気がさすほど嫌だと思う部分もあります。

f:id:domustoX:20200727224258p:plain

 

そんな中で、今自分がすぐにでも変えたいと思っている課題について、少し考えてみようと思います。

 

 

 

 

 

仕事で熱意も成果もない

 

今最も憂慮すべき課題がこのことです。現在お金を得ている主な手段に対して、致命的な課題を抱えているのですから。

 

仕事が失敗続きなことは、このブログでも散々わめいています。毎日失敗だらけで嫌になっちまうぜぇ!という愚痴を読みたい方はドンドンこのブログを見てください。

落ちこぼれ会社員がのたうち回っているのが楽しめます。

 

現状をどうにかしなければ、失敗が続くことは明白です。しかし、その現状を変革しようという熱意が薄い。そもそも、仕事全般に対する熱意が薄いので、そうなってしまいます。

 

目先の仕事があればするけれど、もっと大きく未来のことを考えろと言われても、何をしたらいいのかよくわからない。

何かしたいと思っても、技術が全く持って追い付かないので、無理。そんな状況です。

 

そんな中、ここ最近、色々と調べていてたどり着いたのは「完璧主義」についての話です。

詳しくはここで話しませんが、完璧主義の人は失敗を極度に恐れ、すぐに成果が出ないと諦めてしまいたくなるそうです。

そして、若い世代には完璧主義の人が増えて居る様です。

 

今述べた特徴は完璧主義の特徴の一部です。ただ、私がこの2つを書きだしたのには理由があります。

その理由は、自分に心当たりがあるからです。

 

今まで述べたように、会社では怒られることを極度に恐れ硬直しているような状態でした。さらに、勉強することが多岐にわたることもあって、かなり無気力になってしまっていました。

 

もちろん、完璧主義が全ての原因というわけではありませんが、1つ1つこういったことを調べ、その解決策を調べ、試してみるということを繰り返し続ける工程が、自分を変える上では大事だと思い、やって行くつもりです。


ブログの記事は文章を垂れ流しているだけ

ここ最近、毎日、ブログの記事をアップロードしています。

毎日毎日記事をアップロードし、50記事を越え、60記事を越えました。ここまでくると、ブロガーの大台、100記事も現実的なところまできたと感じます。

しかし、そこまで嬉しくない。何故かといえば、ブログの記事の質が低いと自覚しているからです。

 

現在の私の目的は「とりあえず毎日更新する」のレベルです。書けることを書けるように書いているだけです。
その文章の質はお察しです。

 

個々の文章にも問題があるでしょうけれど、論の展開が無茶苦茶です。何の前触れもなく今まで出てこなかった話が現れ、話が進んでいく。自分が思いついたことを、すぐに書くので、論の展開とかは滅茶苦茶です。

どうすればいいかと言うと、最初にプロットを考えるのが良いのでしょうね。そうすれば、論がぶれずに済むでしょう。

 

私は何につけてもプロットが苦手です。そう言うことができる人は尊敬できます。

普段ブログや小説をどう描いているかと言うと、1つのタイトルに対して、なんとなく思いつくことについて、書き始めます。

で、その書いたものを適当に並べて、間をとりもって完成させています。

 

最近は、この間を取り持つという行為を全然やっていません。「毎日3000字書く」が目的になっていて、それ以上のことに手を出す気が無い状態ですね。


良い記事を書かなければならないというのはよくわかっています。それは、私も、読者も全員が幸せになるために必要な事です。
その練習の為にも、きちんと文章を書くことに注意を向けることは必要です。

今のまま書き続けていても、おそらく読みづらいだけの糞ブログが出来上がるだけです。

 

インプットの能力が低い

 何かを調べても、なかなか身につかないです。あっという間に頭から抜けていってしまう。

 

もともと、暗記は苦手で、学生時代はそのせいで「古典」と「化学」が大の苦手。今でも、化学にはちょっとアレルギーがあります。(化学嫌いは別の理由もあるとは思いますが

 

暗記に対する苦手を克服するため、FP2級試験を受け、合格しました。しかし、結局、暗記に対する自信はあまり生まれませんでした。

もっと大きく自分を成長させるきっかけになってくれると思ったのですが「運がよかった」というくらいに思ってしまい、なぜか、実感のこもった喜び方をできませんでした。

 

話はわき道にそれますが、喜びの感情があまりないというのも私の問題かもしれません。

 

メモを取れ、という話もありますが、メモを取ってもやっぱり覚えきれない。メモを見直し、ツッコミやコメントを書き足したりしているのですが、やっぱりあんまりよろしくない。

 

ひょっとすると学習障害もあるかもしれない、ということも思いつつ、その点についてあまり深掘りできずにいます。

そこはもう少し踏み込んだ行動に移したいと思っております。

 

 

終わりに


いくつか、今自分が抱えている課題について書き並べて考えてみました。

いずれについても共通しているのは「分かっているのに改善していない」という点です。

もちろん、私が気づいてすらいない課題はまだまだたくさんあるでしょう。それを改善することは現状ではできないでしょう。(何しろ気づいてすらいないから)

今は、気づいていることをもっと必死に改善するためにはどうすればいいのか。そのことをもう少し真面目に考える必要があります。

でなければ、私は今のまま、落ちこぼれてみじめに死んでいくことになるでしょうから。

 

サイトノベル『空想確定神域』のご紹介

f:id:domustoX:20200726225513p:plain

私domustoxは新しい小説のスタイルを追求する『サイトノベル』を運営しております。

サイトノベルは、ノベルゲームとも、Web小説とも違う、よりインタラクティブな表現を追求し、Webで運営されております。

更新は毎週土曜日!

近未来の地球を舞台にしたファンタジー小説『空想確定神域』の応援をよろしくお願いいたします。

空想確定神域

また、更新情報は以下のTwitterで提供しております!フォローもよろしくお願いいたします!