不器用人間の思考勉強お楽しみ

全然器用に生きられない私の真面目な事、勉強の事、お楽しみの事を書くために開設したブログです。

まるでダメな会社員がとりあえず仕事をする工夫をする【毎日雑記3日目】

スポンサーリンク

 

f:id:domustoX:20200727224258p:plain

3日目にして、もう息切れしてきた雑記記事です。

喝を入れるために、Google AdSenseの広告を入れ直してみました。

AdSenseは昔、とりあえず申し込んでみたところ、(何かの手違いで)あっという間に合格してしまいました。

その辺のエピソード配下の記事に書いてあります。

 

www.domustox.com

 

 

さて、今日も今日とて、会社勤め。あんまりいい気分で働けたわけではありません。ですが、ほんの少しだけ、改善を加え、気持ちだけで言えば、ここ数週間の中で特に良い調子だったといえるでしょう。

そんな私が、今日、仕事に向き合うために工夫したことをご紹介します。 

 

 

 

ゴールを達成したときのイメージを作る


これは、「コーチング」というものの手法です。

例えば、「1年後格ゲーチャンピオンになる」という目標を掲げた時、その時、自分はどんな状態になっているか想像します。

・梅原大悟と戦って勝っている
・大会で優勝して、周りから称賛されている
・賞金で等身大美女フィギュアを買う

あくまで例ですが、そういうことを想像しながら、自分のモチベーションを高めようというわけです。


とはいえ、会社勤めでこれが難しいのは、会社という枠の中では、大きな変化が起きるわけではないというところです。

大きな目標を達成したときの自分を想像しようとしても、おそらく、上司は同じですし、周囲の人の顔ぶれもそんなに変わらないでしょう。

そうなってくると、「今と大して変わらないじゃん」と思って、モチベーションが上がってきません。

ただ、打開策が無いわけではありません。細かいところを突き詰めて想像するということです。

 


といっても、これで何もかもが解決するわけではありません。あくまでモチベーションを上げるだけの話です。

私はこの良いイメージを持つことで、多少モチベーションを上げ、辛さから脱却はしています。
ですが、昨日までいじけていた人間ですし、明日以降、また上司に怒られれば、すぐに元の木阿弥となってしまうでしょう。

そうならないためには、少しずつでも努力するしかありません。努力するためにどうするか、というために、「明るい未来像を無理やりにでも想像する」ということをやっているわけです。

 

負のループに陥っている私ですが、そのループをどこかで断たねばなりません。そうなった時、「結果を出す」というのは一番難しいことです。次に難しいのは「自身を持つ」ということでしょうか。

 

そんなとき、未来のことを考えるというのはある意味で気楽です。確かに、私も、明るい未来を想像できなくて苦しんでいます。

ですが、未来と言うのは決まっていません。ひょっとすると、明日から脳が覚醒して仕事の効率が爆上がりするかもしれません。(おそらくそんなことないでしょうけど)

でも、頭の中で想像するのは勝手です。そんなことを想像するだけでも恐れ多いと思うかもしれません。私もそう思っていました。

 

ですが、頭の中で何を考えようとそれは自由な事。ムカつく上司に「この野郎」と思うのも、「数か月後には100億稼ぐエリート会社員よ」と思うのも、どちらも、本来は自由です。

 

なので、思い切り考えてみましょう。私はそうしています。

でも、おそらく、しばらくすると、現実に殴りつけられます。自分の想像が、ただの想像に過ぎず、何の意味もないことを感じることもあるでしょう。

 

その時には、私ならば、とりあえず、泣きます(実際に泣くかはわかりませんが)。ですが、そういう時は、無理に心を奮い立たせず、まずは、心を落ち着けることを優先します。

 

疲れて立ち上がれないときに、あえて未来に向かって走り出すようなことは、普通の人間にはできません。特に、心が弱って、未来のことなんか考えたくないと思うような人はなおさらです。

なので、まずは「生き残る」を選択し、治療モードに入ります。

 

もしそれでも不安に押しつぶされそうなときには、愚痴をダラダラ垂れ流します。私も、ブログではないところでは、周りの人々の名前を全部実名で愚痴を言っています。

 

なお、この未来を想像するメソッドは、強力です。特に、「現状とワクワクするような未来像がかけ離れている」とことさら強力な威力を発揮します。

どうやら、私自身の夢にこのメソッドを適用した結果、仕事よりも、自分の夢を追いかける方に熱意が向いてしまったのかもしれないと感じています。

 

この自分の夢については、改めてご紹介したいと思います。

 

仕事ができなかった人の仕事テクニックを調べる

 

仕事ができるための技術を調べるということはごく当たり前のことでしょう。しかし、その中でも、私がおススメするのは「仕事ができなかった人」が学んだ仕事術です。

 

そういう経験をしている人は、「昔はこんなに仕事ができなかった」ということを必ずと言っていいほど書いています。それは、そう書いた方が共感を呼ぶからです。

 

「昔は仕事ができなかったけれど、色々なテクニックを学んでなんとかなった」と言う人のブログは世に満ちています。その手の話は、共感を呼びやすいので、皆さん積極的に発信されるからです。

 

もし、これが、「今ダメダメです」という人のブログだと、傷の舐めあいになってしまいます。現状、私がそのブログを書いているところですが、そこからは目を逸らします。

 

 そして、そう言う仕事ができなかったけれど何とか這い上がってきた、という人のブログは、あなたが共感できるようなエピソードと共に、それを打破してきた知恵が記述されています。

ダメだった人の話を聞くと、あなたの心は落ち着くはずです。ダメダメの状態に突入していると、パニックになって、色々なことが、頭を素通りしていきます。しかし、ダメだった時のエピソードは、「こういう人も何とかなったのか」という安心をもたらし、あなたの頭に情報を入れやすくしてくれます。

 

例えば、以下のようなブログがおススメです。

www.outward-matrix.com

 

私は在宅勤務なのをいいことに、このサイトの記事を読みながら仕事を進めています。ブログを読みながら仕事をするなんてとんでもない事ではあります。しかし、読んで業務に取り組めば落ち着いて仕事ができます。さらに、何もせず、うんうんうなっている、形だけ真面目な業務よりは、こちらで学びながら業務をする方が長期的に効率が上がります。

 

本来私もブロガーなので、こういう記事を書きたいものです。ですが、今はまだ、成功しているかどうかもわかりません。

 

なので、ひとまずは、こういった雑記で、今日やったこと、として垂れ流す程度にし、

いつかは、きちんと、記事にまとめてまいりたいと思います 。


もうちょっとだけ頑張ってみる

ちょっとだけ、というのは、今の自分から見て、というレベルで構いません。

 

上司に資料を見せた時「自信のほどは?」と聞かれました。その時、私の自信度は1%にも達しないほど低い物でした。正直、上司に資料を見せる前には、処刑される罪人のような気分になっていました。

 

 そうなってくると、ただでさえ自分を責めるような気分になっているので、怒られたときの痛みは激増します。

自分でガラスにヒビを入れておいて、更に他人に割られるような感覚です。

 

ですが、ひとまず「自分は頑張った」と思える程度に頑張れば、ある程度、怒られても、自分を保つことはできます。

 

結局、他人に怒られているのでは、意味がないと感じる人は多いでしょう。ですが、たった一つ何かをしただけで、今まで怒られていたことが、翌日できるようにはなりません。そんなことは簡単にわかります。

 

ならば、どうすればいいか。自分が成功を掴むまで成長するまでの間、自分の心と命を守る体勢に入って耐えるしかありません。

成果が出なくて自分を責める気持ちはわかります。ですが、成果は一瞬では出せません。それまでの間、ずっと、今のままの気持ちでいるのか、それとも、ひとまず、自分の心を守る盾を(軟であっても)持つのか。それは大きく変わってきます。

 

その時「自分は少しは頑張ったから」と思えることをしましょう。

このご時世に言うようなことではないかもしれませんが、1つには作業時間を増やしてみたりしましょう。

それが嫌ならば、上司から言われる前に、自分から先出で報告をしてしまいましょう。そうなると、「自分は能動的に怒られに行ったのだ」と思えるはずです。それが、自分を支える多少の力にはなってくれます。

 

ただ、これだって、「俺の自信作!」がメタくそに悪く言われればかなりショックを受けるとは思います。

ですが、結果はどうあれ、ひとまず「自分は頑張った」と思えるのであれば、立ち直るのも少しは早くなれるはずです。

 

終わりに

 

仕事がつらいとき、どうすればいいのか、マインドを中心に記事をまとめてみました。

 

私がこんな記事を書けたのだって、今日、とりあえず、凹むほど怒られなかったからというだけです。明日になれば、また怒られるかもしれません。

 

しかし、私には、明るい未来が見えていますし、やれるだけのことはやったので、怒られても今までのように盛大に凹むことはありません。

 

たかが気持ちの問題であり、根本的な問題解決には至っていません。

私だって、一刻も早く根本的な解決をしたいと思っています。ですが、それをするまでの間、自分の心と命を守る必要があります。

そのためのテクニックを、ここではご紹介したつもりです。

 

既にこの記事でも述べているように、辛い時には逃げ、少し心を落ち着けます。それから、どんなに辛くとも、未来が明るい物であると確信し直します。

 

 今、辛くて辛くてどうしようもないと思っている人に、この言葉が届けば、と思っております。

私はあなたの味方です。

 

サイトノベル『空想確定神域』のご紹介

私domustoxは新しい小説のスタイルを追求する『サイトノベル』を運営しております。

サイトノベルは、ノベルゲームとも、Web小説とも違う、よりインタラクティブな表現を追求し、Webで運営されております。

更新は毎週土曜日!

近未来の地球を舞台にしたファンタジー小説『空想確定神域』の応援をよろしくお願いいたします。

saintedge.sightenovel.com

また、更新情報は以下のTwitterで提供しております!フォローもよろしくお願いいたします!